FC2ブログ

ゲーマーの放浪記

のんびりとMH系とめいぽの日記を書いています。ゆったりと読んでいってくださいね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第一話『負傷者のメッセージ』

14世紀の時…

科学は、発達し、その同時にモンスターが、進化し続けていた。

ウルクパ町…
「おい!あれは、何だ!?大きいモンスターか?」
と、見張り人は、たいまつで、明るくしたら、
それは、謎のモンスターだった。
「アカムトルムか?いやティガレックスか!?」
そのモンスターは、容赦なく攻撃した。
ゴオオオオオオオ!
「この音はなんだ!?」
と、町の人は、外を出たが、見張りがいない
「おい!見張りは?食われたか!?」
「おー…い……」
と、生き残った見張りが呼んでいる。
「どうした!?何のモンスターだ!?」
「落ち着けまず治療が、先決だろ!話は、後だ急げ」
と、町の長が、叫ぶ。

数日後.........

見張りは、幸い命は別状ないが、車椅子で、生活することになってしまった。
町の長が、やってきた。
「具合は、どうだ?あなた以外の見張りは、行方不明のままだ……」
「そうか、それより襲われたモンスターは、まるで悪魔だ…」
と、怯える見張り。
「まあゆっくり話をしよう。」
「あのモンスター………だ。」
「なに~ぃそんなバカなあのモンスターが……」

そのモンスターの生態を古龍生態調査社と、ギルドに報告した。

それから6年後過ぎた。

物語はこれからはじまる!



スポンサーサイト
  1. 2007/09/12(水) 17:08:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zerosuraikun.blog80.fc2.com/tb.php/53-78763481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。